DHCせどりの狙い目商品

DHC商品は常に需要があり、初心者でも手を出しやすい商品なのですが、儲けを得るためには商品をよく選ぶ必要があります。
では、どういった商品が狙い目なのでしょうか。

目次 (タップでジャンプします)

商品単価が高いもの

DHC商品は単価が低めのものが少なくありません。
単価が低いものだと価格差を出しにくく、大きな利益を得るためには数を多く販売しなければなりません。たくさん販売していると、出品作業や梱包作業などの手間と時間がかかってしまいます。

効率的に稼ぐなら、単価が高めの商品に狙いを絞ってみましょう。
DHC公式オンラインショップでは、商品カテゴリーを選択した後に「価格が高い順」「価格が低い順」など、商品の並べ替えをすることができます。
並べ替えれば単価が高めの商品を見つけやすいです。
効率よく稼ぐには、単価3000円以上の商品をリサーチしておくとよいでしょう。1000円以下では薄利多売になってしまいます。

セット商品

単価が低い商品であっても、セットにしてしまえば価格を上げることができます。
たとえば、化粧品のポアナシリーズをクレンジング・洗顔料・ローション・ミルクをセットにしたり、美白系化粧品とリコピンやビタミンCなど肌によいとされているサプリメントをセットにするといったものです。

単品では利益を出しにくい商品であっても、他の商品とあわせることで利益を出しやすくなることがあります。どんな商品がセットにできるか考えてみましょう。

大容量パック

大容量パックは単価が高いものが少なくありません。
DHC商品は単価が低めのものが多く、効率的に商品を探すには商品を絞り込むことが大切です。
大容量パックなら商品を素早く見つけやすいので、探してみてください。

過去に売れた商品

DHC商品をいくつか販売したことがあるなら、過去の経験から商品仕入れをしてみるとよいでしょう。
季節ものは季節限定での売れ行きになってしまいますが、過去に売れた商品は今後も売れる可能性があります。月に2~3個程度しか売れなかった、まったく売れた痕跡がない、こういった商品は手を出さない方がよいです。

売れない商品を仕入れても赤字になってしまいます。サプリメントやダイエット食品などは賞味期限があるので、いつまでも在庫を保管していては、賞味期限切れになって販売できなくなります。これでは大損です。

これまで確実に売れてきた商品なら、リスクを下げることができます。リスクを下げるために、どういった商品が売れている・売れていないのか記録を取っておくことが大切です。